ニュージーランドへの中学・高校留学は人気が高く、毎年、日本を含む多くの国から留学生が訪れます。ニュージーランド政府が留学生の受け入れに力を入れており、留学生の受け入れ態勢が整っている学校が多く、安心して留学をすることができます。ニュージーランドの教育システムでは、日本の小学校6年生(ニュージーランドのYear7レベル)から高校(Secondary School ※詳細はこちら)に入学することができます。ニュージーランド留学TO GOでは独自の採用基準を持ち、厳選したお勧めの高校をご紹介しています。
当社では、留学前から留学中まで、お一人お一人に寄り添ったきめ細かいサポートをモットーとしており、留学前には無料カウンセリングを行うことで、不明な点や疑問点を留学前に解決し、安心してニュージーランドに出発して頂いております。留学中も、常に傍に立ち、生徒様が安心して留学生活を送れるようにしています。
また、日本で不登校だった方がニュージーランドに留学をしたら、毎日学校に通えるようになったという事例もたくさんあります。多くの学校が、日本の教育問題を理解し、不登校だった生徒様の受け入れに門戸を開き、私どもと一緒に生徒様のサポートをしてくれます。
お気軽にご相談下さい。

ニュージーランドの中学・高校留学の特徴

中学・高校の留学先として人気のニュージーランド。学校面や生活面の充実した内容、またニュージーランド人の人柄により選ばれています。

選ばれる理由
―学校面―

・日本に引けを取らない高い教育水準

・留学生を快く受け入れてくれる

・長期・短期留学が可能

・年度の途中入学が可能

・英語圏の国の中で学費が安い

・プレッシャー少なく勉強ができる

・いじめや差別を許さず、すぐに対応をしてくれる

選ばれる理由
―生活面―

・治安が良い(常に世界平和国ランキング上位)

・生活水準が高い

・物価が比較的安い

・公共交通が整っている

・一般的に銃の所持は禁止

・インターネット環境が整っている       

                            

選ばれる理由
―人柄面―

・人種差別が少ない

・日本人に好意的な人が多い

・留学生に理解がある人が多い

・親切な人が多い

・フレンドリーな人が多い

・コミュニティーの目が行き届いている

・悪いことをしたら愛情を持って注意してくれる人が比較的多い

ニュージーランドの教育制度

ニュージーランドの教育制度は、乳幼児教育、初等教育課程、中等教育課程、高等教育課程と続きます。義務養育は、6歳から16歳までです。日本の中学・高校に該当するのは、IntegratedのYear8(中学1年生)とYear9(中学2年生)~Year13(高校3年生)までのSecondary Schoolです。1年は4学期制で、1月末か2月初めから1学期が始まり、11月または12月に4学期が終わります。

日本とニュージーランドの教育制度年齢比較図

日本 年齢 NZ
5歳 Year0-1  

Primary
School(*1)

 

6歳 Year1 義務教育
義務教育 小学校 小1 7歳 Year2
小2 8歳 Year3
小3 9歳 Year4
小4 10歳 Year5
小5 11歳 Year6
小6 12歳 Year7 Intermediate
(*2)
中学校 中1 13歳 Year8
中2 14歳 Year9 Secondary
School
中3 15歳 Year10
高校 高1 16歳 Year11
高2 17歳 Year12
高3 18歳 Year13

*1:Primary SchoolによってはYear8まで通学が可能です。
*2: Secondary Schoolによっては、Year7から入学可能です。

中等教育課程(12歳~18歳)

日本の中学・高校にあたるのが中等教育課程です。

  • Intermediate School / Middle School(Year7 – 8,  12歳から13歳)
  • Secondary School(Year9 – 13,  14歳から18歳)

【インターミディエイト】
Intermediate School(インターミディエイトスクール)やMiddle School(ミドルスクール)が中学校にあたります。
日本の小学校6年生と中学1年生です。小学校や高校によっては、併設している学校があります。

【セカンダリースクール】
Secondary School(セカンダリースクール)が高校にあたります。
日本の中学2年生と中学3年生が『ジュニア』、高校1年生~3年生までが『シニア』と呼ばれます。

学校形態

  • 公立校(Public School / State School)
  • インテグレーテッド(Integrated School)
  • 私立校(Private School)

中等教育機関は、公立校、インテグレーテッド・スクール、私立校の3つの学校体形に分かれます。

【公立校】
日本の公立校と同じく、公立校の学費は原則公費負担ですが、運営費として寄付を求める学校が大多数であるのが現状です。
※留学生は授業料がかかります。

【インテグレーテッド・スクール】
半官半民の運営形態で、ニュージーランド教育省から助成を受けますが、運営形態は私立校のような独自のものを持って教育をする学校です。元々は私立のキリスト教系だった学校がインテグレーテッドには多くあります。授業料は、公立校より少し高くなりますが、私立校よりも安い為、人気があります。
※留学生は現地生徒とは別の授業料がかかります。

【私立校】
日本の私立校と同じく、100%各学校により運営されています。宗教母体(カトリック、プロテスタント、ニューライフ等他)が運営しており、各宗教母体の信仰に基づく宗教教育が行われます。授業料は非常に高いのですが、大学などの進学率が非常に高いのが特徴です。また、私立校は紳士・淑女を養成する教育機関でもあるため、生徒の言葉遣い、服装、、態度、礼儀などマナー指導も徹底して行われます。

留学開始時期について

ニュージーランドの1学期は2月初旬から始まるので、アメリカなど9月から1学期が始まる国に留学するのとは違い、学年を下げずに卒業をすることが可能です。
加えて、ニュージーランドの多くの学校が、年度途中の入学を認めていますので、ご自身の都合の良い時期に留学を開始することができます。

2021年度の各学期期間

各学期期間 2021年度
Term1(1学期)  1月末から2月初旬~4月16日
Term2(2学期)  5月3日~7月9日 
Term3(3学期)  7月26日~10月1日 
Term4(4学期)  10月18日~12月中旬前後

留学開始時期のサンプル例

留学を開始する時期って、いつが良いのか?日本の学校はどういう風にしたら良いのか?と、よくお問い合わせを頂きます。特に、ニュージーランドは2月からが新学期なので、日本の3学期はどのようになるのか?迷われる方もいらっしゃるかと思います。
ここでは、留学時期のサンプルをご紹介します。

例1現地の1学期開始に合わせて留学する場合

  • 中学三年生の場合、中学校に籍を残したまま、現地の高校に入学すると中学校の卒業資格も取得することができます。
  • 高校生以上の場合は、現在通学中の学校に欠席について、どういう対応になるのかをご確認下さい。

 

例2日本の中学校卒業後、または3学期終了後に留学する場合

  • 日本の中学校の卒業式に参加後、または3学期終了後に留学することができます。

 

例3日本の春休みに超短留学をする場合

  • 現地の学校に1~3週間留学をすることができます。

※学校によっては短期留学は受け入れていない場合もあります。

 

例4現地の2学期開始に合わせて留学する場合

  • 4月末まで日本の学校に通って、ゴールデンウィーク最初に渡航、現地の2学期から留学することができます。

 

例5日本の夏休み超短留学

  • 現地の学校に1~4週間留学することができます。

※学校によっては短期留学は受け入れていない場合もあります。

 

例6現地の3学期開始に合わせて留学する場合

  • 日本の2学期終了直後に渡航、現地の3学期から留学することができます。

 

例7現地の4学期開始に合わせて留学する場合

  • 10月中旬から始まる4学期に合わせて渡航・留学することができます。

※学校によっては4学期からの入学を許可しない場合があります。

【4学期から留学する場合の注意点】
現地のYear11(日本の高校1年相当)以上の生徒は、年度末試験の為、11月初旬には授業を終了し試験休みに入ります。その為、以下のようなスケジュールになる可能性があります。

  • 各学年の授業終了までは、その学年の授業を受ける。
  • 試験休みが始まったら、12月中旬の4学期終了までは、留学生プログラムや、Year10の授業を受ける。

DYOBについて

ニュージーランドの学校に入学をすると『DYOB』という言葉をよく見聞きするかもしれません。DYOBとは、”Bring Your Own Device”の略で、つまり、”自分自身のパソコンを持ってくる”という意味です。ニュージーランドの学校は、世界一IT化が進んでいると言われる程、コンピューター系の授業はもちろんのこと、一般科目でもパソコンを利用した授業や宿題が行われます。その方針は更に進む予定で、2020年度からはニュージーランド全ての学校が”DYOB School”(自分自身のパソコンを持ってくる学校)になりますので、必ずパソコンはご持参下さい。更に一部の学校では科目により、パソコンを使った試験が行われます。各学校によりパソコンのスペックの条件が少し異なりますので、入学が決まったら、その学校のパソコンの条件をご確認下さい。また、渡航前にブラインドタッチができるようになっていると良いかもしれません。

留学を成功させる為の心得

中学・高校の留学を成功させる為の心得です。お子様とご一緒にご参考にして下さい。

中学・高校留学成功への心得
-渡航前-

ガーディアンサポートサービスについて

ガーディアンサポートサービスについては、こちらをご参照ください。

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せされる方 必須 留学生ご本人留学生の保護者
記入者の氏名 必須 漢字(フルネーム)
ローマ字(フルネーム)
留学生の氏名 必須 漢字(フルネーム)
ローマ字(フルネーム)
メールアドレス 1 必須
*hotmail、Outlookの方は弊社からのメール受信ができない可能性がとても高いので、その他のメールアドレスをご記入下さい。
*携帯電話のメールアドレスを記入される場合は、弊社からのパソコンメール(office@nztogo.com)を受信できるように設定を変更して下さい。
メールアドレス 1(確認) 必須

メールアドレス 2
郵便番号
ご住所
ご自宅電話番号
携帯電話番号
性別 男性女性
留学生の誕生日
希望プログラム必須 中高留学語学留学ラグビー留学小学校留学ファームステイ教師宅ホームステイワーキングホリデー
渡航時期 日頃~
留学期間 週間、または、ヶ月間

または高校卒業留学
英語レベル 超初級(英語初心者)初級(あいさつレベル)中級(日常会話レベル)上級(英語で仕事ができるレベル)超上級(母国語レベル)
お問い合わせ内容必須


このフォームの送信後、自動返信メールが弊社メールアドレス(office@nztogo.com)より、ご登録頂いたメールアドレス 1に届きます。10分経っても届かない場合は、迷惑メールフォルダーの確認や、受信設定をご確認下さい。
また、何らかの原因で自動メールが届かない場合は、お手数ではございますが、登録頂いたメールアドレスに間違いがあった可能性がございます。再度、フォームの送信を頂くか、もしくは、直接、office@nztogo.comまでご連絡下さい。
携帯電話のメールアドレスへ返答を希望される方は、弊社からのパソコンメールを受信できるように迷惑メール設定を変更して下さい。
お問い合わせ内容への返答は、必ず1~2日以内にご返答をさせて頂きます。(土曜日・日曜日・祝日は遅れる場合があります。)

※お客様の個人情報は、ニュージーランドの法律(Privacy Act)により、お客様への連絡のみに利用するもので、ほかの用途に使用をしたり、第三者に個人情報を開示、提供することはありません。

カウンセリング予約はこちら
留学お申し込みはこちら